言葉 9

俺もようやく自分の本質を受け入れたんだ。

あんたのためにやめられるとは思えないよ。