ドラマ『シャーロック』食わず嫌いでした。

もはや古典のシャーロック・ホームズを現代版にしてみた、というドラマなんですが。

それを聞いただけで「こりゃ、ダメだ」と思いました。思い込みましたよ。

軽いノリのドラマだと思い込んでたんですよ。

なにを観ようかと物色してて、つい観てしまったんですよ。

おもしろいですね。

否定から入ってるんで、よりおもしろく感じてる面もあるんですが。

シャーロック・ホームズ役のベネディクト・カンバーバッチは、いずれジェームス・ボンド役をすることになるかと。

main

保存

保存

保存


言葉 26

結局、人間の本質的な弱さ、愚かさの原点は「恐れ」だ。


言葉 25

過去というものは、始まりの終わりに過ぎない。

現在やそれ以前すべてのことは、いわば夜明け前の黎明である。


言葉 24

自分のことばかり優先して、他人を無視してはならない。


言葉 23

非難、中傷、後悔。そしてまた、新たな問題…。

これが人生だ。



言葉 21

彼に自慢話をさせていたものは、不安だったのです。

彼は偉そうに見せたかったのです。


トップへ戻る